192.168.1.1は、ルーターの管理パネルにアクセスするために使用されるプライベートIPアドレスです。 192.168.llは、ルーター会社によってデフォルトゲートウェイアドレスとして事前に指定されており、ルーター構成にさまざまな変更を加えるために使用できます。

192.168.1.1管理

192.168.0.1管理者

192.168.1.1にアクセスする方法は?

192.168.1.1に入るには、次の手順に従います–

  1. ブラウザを開いて、 http://192.168.1.1 または書く 192.168.1.1 ブラウザのアドレスバーに。
  2. ログインユーザー名とパスワードの入力を求めるログインページが表示されます。
  3. 指定されたフィールドにユーザー名とパスワードを入力します。
  4. これで、ルーターの管理パネルに接続されます。

注意: 192.168.1.1でルーターの管理パネルにアクセスできない場合は、別のIPアドレスを使用してみてください– 192.168.0.1 o 10.0.0.1 y 192.168.100.1

IPアドレスのユーザー名とパスワードを忘れましたか?

IPアドレスのユーザー名とパスワードを忘れた場合、またはそれらが機能しない場合は、次のことができます–

  • マニュアル/ボックスまたはルーターの背面を見てください。 (またはチェック デフォルトのユーザー名とパスワードのリスト ).
  • パスワードを変更して紛失または忘れた場合は、工場出荷時のリセットを実行する必要があります。 これを行うには、ルーターの背面にある小さな隠しリセットボタンを探します。 そのボタンをペーパークリップまたは針で約10〜15秒間押し続けます。 ルーターは自動的に再起動し、デフォルト設定に戻ります。

ルートのIPアドレスを変更するにはどうすればよいですか?

デフォルトゲートウェイのIPアドレスは、インターネットサービスプロバイダーによって事前に割り当てられていますが、ユーザーは必要に応じて構成できます。 多くの場合、悪意のあるユーザーが管理パネルにアクセスするのを防ぐため、DDoS攻撃を防ぐため、または単にセキュリティの層を追加するために変更されます。 これがその方法です–

TP-Link:

  1. 192.168.0.1または192.168.1.1でデフォルトの管理パネルにログインします(admin / adminはユーザー名とパスワードです)
  2. 詳細設定に移動します。 ネット; LAN。
  3. [IPアドレス]フィールドで、任意のアドレス(192.168.1.2など)に変更できます。
  4. 保存すると、ルーターが再起動して変更を適用します。

リンクD:

  1. ルーターの構成ページにアクセスします(ユーザー名:adminとパスワード:admin / blank)
  2. 設定に移動; ネットワーク設定。
  3. これで、ルーターのIPアドレスフィールドが表示されます。
  4. 必要に応じて変更し、設定を保存します。

NETGEAR:

  1. 192.168.1.1または192.168.0.1を介してNetGearルーター構成ページにアクセスするか、またはを介してアクセスできます。 https://router-wifi.com/ またはhttp://www.routerlogin.com。
  2. デフォルトでは、ユーザー名は 管理人 パスワードは パスワード .
  3. 接続したら、[詳細]に移動します。 左側のメニューから«設定»に移動します。 LAN構成。
  4. [LAN TCP / IP設定]の下に、[IPアドレス]が表示されます。 必要に応じて10.10.10.1を変更します。
  5. 変更を適用すると、システムが再起動して設定が更新されます。

いずれにせよ、プロセス中に何かがうまくいかない場合は、 ルーターを工場出荷時のデフォルト設定にリセットします すべてのカスタマイズが元に戻されるようにします。 192.168.ll/admin

Wi-Fiネットワークを保護することは、不正アクセスを防ぐために重要です。 WPA2暗号化の有効化、強力なパスワードの設定、WPSの無効化などの基本的なルールに従うと、ネットワーク間の同期の古い方法であるため、セキュリティが強化され、MACアドレスフィルタリングが有効になり、ルーターのファームウェアが随時更新されます。 ここに完全なガイドがあります あなたのwifiネットワークを保護する方法 .