TP-Linkルーターの構成方法

新しいTP-Linkルーターを構成する場合は、これを正しく行うためのステップバイステップガイドを参照してください。 最初にインターネットサービスプロバイダー(ISP)に連絡して、IPとアクセスの詳細に関する情報を取得する必要があります。たとえば、適切なアクセスの詳細がないPPPoE接続の場合、静的/動的IPアドレスが次のように指定されているルーターでは同様に接続されません。 ISP自体であり、セットアッププロセス中に必要です。

注意: 次の構成プロセスは最新のファームウェアに基づいています。古いバージョンのルーターを使用している場合は、WebGUIが異なる場合があります。 これについては、これを参照してください 古いバージョンのTP-Linkガイド.

tpリンクルーターを構成する

  1. まず、モデムケーブルがTP-LinkルーターのWANポートに接続されていることを確認します。
  2. ルーターの電源を入れ、ルーターボックスに付属の説明書に記載されているデフォルトのログインIDとパスワードを使用してWiFiネットワークに接続します。
  3. 次に、ページに移動します 192.168.0.1/192.168.1.1を介したルーター管理.
  4. パスワードとしてadmin/adminを入力します (adminのデフォルトのユーザー名とパスワードを確認してください)
  5. 接続したら、に移動します クイックセットアップ.
  6. タイムゾーンを選択します。 接続タイプ– PPPoE (詳細についてはISPにお問い合わせください); ISPから提供されたPPoEユーザー名とパスワードを入力します。
  7. ご希望のSSID(WiFi名)とパスワードを入力してください。
  8. 設定を保存すると、インターネットに接続されます。

インターネットの状態が接続されていないことを示している場合は、MACアドレスを設定する必要があります。 設定するには–

tplinkfreeを設定する

  1. 詳細設定に移動します。
  2. ネット; インターネット; MACクローン。
  3. [現在のコンピューターのMACアドレスを使用する]を選択して保存します。

注意: インターネット接続のまったく新しいユーザーではない場合、つまり、古いルーターを新しいルーターに変更して同じケーブルインターネット接続を使用している場合は、最初に古いルーターに接続する必要があります。 上記と同じ方法でルーターの管理パネルにログインし、古い設定からMACアドレスをコピーして、新しいルーターの[カスタムMACアドレス]フィールドに同じMACアドレスを入力します。

それでも機能しない場合は、ISPに連絡して支援を求めることをお勧めします。ただし、ルーターの背面にある[リセット]ボタンを5秒間押すだけで、ルーターをデフォルト設定にリセットできます。