パブリックWiFiを安全に使用する方法は?

WiFiは、インターネットアクセスを希望するすべての人にアピールする種類のものであり、ラップトップまたはスマートフォンを持っている人も含まれます。 プライベートWiFiにはパスワードが必要であり、管理者がネットワークの使用を許可するユーザーに制限されています。

安全な公共wifi

一方、パブリックWi-Fiネットワークはすべての人に開放されており、ルーターのカバレッジエリア内の誰でも使用できます。 パブリックWiFiネットワークは、簡単で無料で使用できる限り、インターネットにアクセスするのに最も安全な場所ではありません。

安全を確保するためにパブリックWiFiを使用しているときにできることがいくつかあります。

ソースを確認してみてください

ホテル、カフェ、学校、大学などの公共の場所。 パブリックWiFiを見つけるのは普通のことであり、同じ場所に偽のWiFiポイントを作成する人々がいます。 これらの偽のWiFiホットスポットは、データを盗むためだけにあり、正当なものだと思って接続する可能性があります。 カフェやホテルなどで。 接続を決定する前に、利用可能なWiFiとその名前について従業員に尋ねてください。

VPNを使用する

これは毎晩推奨されるソリューションであり、パブリックWiFiネットワークを使用しているときに行うのが最善です。 使用している優先VPNアプリのいずれかを試して、パブリックWiFiネットワークの使用中にオンにします。 これにより、データトラフィックを暗号化して、ユーザーとサーバー間のブラウジングを安全に保つことができます。

HTTPS接続

パブリックWiFiを使用していて、何らかの理由でVPNアプリを使用できない限り、安全を確保する別の方法があります。 これは暗号化されたWebサイトを使用しているため、データはサーバー以外の場所には送信されません。 Httpsは、Webサイトが安全であり、データがサーバーとの間にあることを通知します。

https接続

デバイスのファイアウォール。

ファイアウォール保護も信頼できるものであり、これはハッカーからの安全を守るのに役立ちます。 公共のWiFiに接続するときは、ファイアウォールをオンにして安全を確保してください。